So-net無料ブログ作成
-| 2011年01月 |2011年02月 ブログトップ
前の10件 | -

石切神社 3~占いの町~日本で三番目の大仏~

石切の参道商店街を 抜けていくと いよいよ ここ石切名物占いのお店が 軒を連ねています。

DSC02207.jpg


こんなに占い師が 沢山いるんでしょうか。

DSC02208.jpg


いやいや 巷でよく当たると噂される 占い師が 沢山お待ちしています。

DSC02209.jpg


悩み多き人はもちろん 幸福を願う人も 寄って相談連なれば 良き未来が開けるのでしょう。

DSC02211.jpg


大黒様も すこぶる元気ですなあ~~。

DSC02215.jpg


おふくそば?  もちろん お福蕎麦なんでしょう・・・

DSC02218.jpg


本家ひろうす さんでは 乾物が主ですが 何でも売ってます。秋には ぎんなんが 美味しかった。

DSC02220.jpg


さあ 商店街を抜けると 上の社に向かう 鳥居があります。

DSC02221.jpg


いやその前に 何だ!  あれは 大仏 [exclamation&question]ですか~~。

そうなんです。なんでも 日本で 3番目の大仏なんですって。 何が[exclamation&question]って言われても わかりませんが・・・

DSC02223.jpg


その勇姿を ご覧下され 。 なかなか 立派なものですよ。

DSC02222.jpg


肩書によると ここの土地は 壹億円 だそうです。高いのかどうかは わかりません?

DSC02225.jpg


傍らにあるお店が ストレートな 看板を出していたのには 失礼ながら 笑ってしましました。

おそらく 服と  福を  かけてるんでしょうね。 

こんなお店を 横目で眺めながら さらに 上の宮を 目指してゆきますね。。¥^^
タグ:占い 神社 石切

石切神社 2~商店街は大騒ぎ~参道商店街

とにもかくにも 石切神社から 参道商店街に 突入です。

DSC02190.jpg


いきなり 石切大天狗の 看板に 圧倒されちゃいます。

DSC02193.jpg


よもぎの葉っぱをあしらった お餅や うどんが石切名物なんですね。

DSC02192.jpg


漬物屋さんの前にも たくさんの人が 殺到してます

DSC02196.jpg


まねき猫も 張り切って客寄せしてます?

DSC02198.jpg


名物 あめ湯 とは・・・ なんでしょうか?

DSC02199.jpg


じゃがいも とは ほんとうに じゃがいもを湯がいて食べさせてくれるお店なんです。

美味しいですよ~~ ホクホクしてます。

DSC02200.jpg


お惣菜屋さんの店先にも 沢山の人だかり 買わずには通り過ぎれませんね

DSC02203.jpg


いやいや 石切ならではの ブティックも あります 「ネコグッズ」・・? 猫関係専門のお店です!

DSC02204.jpg


挙句の果てに つけもの横丁まで 存在しますねん!   大阪弁になってしまってますが・・・

DSC02206.jpg


怪しげな お店で売っているとお思いでしょうが これが 石切参道商店街の 本髄です。

これから 上のほうは 占いのお店が 沢山ひしめき合ってますが 商店街を通り抜けると なんと???

石切には 日本で 3番目といわれる? 「大仏」があったんです。

それは また次回に紹介することにします。。¥^^

石切神社 1 ~お百度参り~参道商店街

今回から 石切神社の訪問レポートです。

大きな鳥居から進むこと 程なく 立派な入口に出くわします。

DSC02181.jpg


近くには 牛の親子の銅像です。

DSC02182.jpg


見上げると 奉納 額縁 の勇ましいこと

DSC02183.jpg


傍らには 北海道夕張市から送られた 巨石?が・・・

DSC02185.jpg


神社に参拝する人たちはもちろん、お百度参りをする人が 沢山おられます。

DSC02186.jpg


神社から 上のほうには参道商店街が 列なっていました。

DSC02188.jpg


いろんな お店が軒を並べて ひしめき合っている所です。

DSC02189.jpg


最初は食べ物屋さんが多いですね。

これから 上之宮まで目指して 参道を 歩いてゆくことにしますね。

DSC02191.jpg


続きは また 次回に 。。¥^^

石切神社~信仰と占いの町~予告

ここ石切神社へは たびたび訪れますが 今回は 祭日とあって たいへん賑わってました。

とにかく 秋のすすき野の穂を 眺めながら 自転車で 石切目指して 坂道を駆け上っていきます。

DSC02179.jpg


途中に 面白い屋敷があって 立ち寄ってみたかったのですが 時間がありません。

DSC02180.jpg


とにかく 石切神社の巨大な鳥居の前に 到達し 神秘と信仰の町 石切神社参道 商店街に向かいます。

DSC02353.jpg


まあ 先は長いので ゆっくりお付き合い願いますね。。¥^^

DSC02352.jpg


続きは 次回までの お楽しみです[手(パー)]

熊野街道~谷町~お寺巡り [大阪市中央区]

空堀商店街から また 熊野街道あたりに もどります。

DSC04220.jpg


このあたりは 昔風の街並みが続くのですが 谷町あたりの風景で欠かせないのが お寺の数々です。

DSC04239.jpg


昔風の建物を 改造して ギャラリーにしてるお店もあるんです。

DSC04226.jpg


階段を登りついて 見ると また昔に繁盛してた銭湯の面影が 垣間見れます

DSC04234.jpg


ここも すでに 銭湯のお店はやってなくて 奥まで 見渡す所 駐車場になっていました。

DSC04235.jpg


大通りに沿って いくつもの お寺が並んでいます。
DSC04245.jpg


DSC04246.jpg


DSC04249.jpg


DSC04250.jpg


こんな建てつくりの お寺もあるんですね

DSC04251.jpg


表のレイアウトはとてもお寺さんとは思えませんが・・・

DSC04254.jpg


建物自体に 趣があるんですよね。


DSC04253.jpg


歩きながら 撮影してましたので お店の中まで 入りません。

DSC04257.jpg


最後は 谷町6丁目に 戻ってきて 今回の ツァーも おしまいですね 

町歩きは 意外に身近な所に 知らない場所があることを 思い知らされました

まだまだ 未熟なカメラワークと 行き当たりばったりの 記事ですが 関西のいろんな町並みを これからも訪ね歩いてみたいです。。¥^^


タグ:関西 町歩き

長屋風景~萌~観音坂 [大阪市中央区]

もう一度 商店街に戻り 路地を 外れたところに いろんな 長屋風景があるのが空堀界隈です。

DSC04197.jpg


大阪のおばちゃん御用達のお店ですね。

DSC04198.jpg


出窓やショーウィンドが古き良き時代を思い起こさせます。

DSC04199.jpg


桃園公園も広い公園です。

DSC04200.jpg


木の壁や木造の洗濯場に昭和の香りがしますね。

DSC04201.jpg


桃園公園の近くにあった複合文化施設「萌」です。

DSC04204.jpg


古い民家を再生して ショップにしてあるお店で 雑貨屋さんや自家製パスタのお店です。先ほど見てきた文学碑の「直木三十五」記念館もあります。

DSC04208.jpg


通りを抜けるとレンガ造りの建物が見えますので近づいていくと こんな文字があったんです。

DSC04209.jpg


「小玉湯」さんです。かつては銭湯だったんでしょう。一階は駐車場になっています。

しばらく路地裏を歩いていくと 曲がり角があって 右に行くと なんと 急な坂があったんです。

DSC04210.jpg


「観音坂」 かつて千手観音を祀る和勝院が坂上にあったそうですが、昭和十三年に箕面の竜安寺に移転しました。いまは 坂の名前だけが残ってるんです。

DSC04212.jpg


坂上から見ると ずいぶん急な坂でした。

坂を登りきったところで 左折れすると ブティックが 並んでます。

DSC04214.jpg


「carbon」さん 贈り物などの雑貨が売りです。

DSC04213.jpg


「ひなた」さん 雑貨と喫茶のお店です。

DSC04215.jpg


そして 「フランショコラ」さん 手作りの服がメインです。

残念ながら 今回は そとから 拝見するだけで 店内の紹介まではできませんが・・・

DSC04216.jpg


そんなこんなで また空堀商店街に戻ってきてしまいましたが この商店街の愛称が「はいからほり」になってるとこが面白いです。

DSC04217.jpg


やはり 大通りに面した入り口付近は人通りも多く賑やかです。

DSC04218.jpg


さて これから もう一度 熊野街道沿いに歩いて 谷町の お寺街?を眺めに行ってきます。

いろんな 門構えの お寺がありますよ。。¥^^



空堀商店街から~たこ焼き~町歩き [大阪市中央区]

熊野街道の町歩きで 見たものは

商店街の風景でした。

DSC04177.jpg


坂の多い商店街の中にあって シャッターが降りてるところもあります。

DSC04178.jpg


それでも 平日でお店も休みのところが多いいんでしょう

DSC04179.jpg


商店街を少し外れたとことに 昔風の町並みを見ことができます。

DSC04182.jpg


「惣」というこのお店は 昔懐かしい長屋風景を 醸しだしています。

DSC04185.jpg


その隣に あった たこ焼き屋さんです。

DSC04186.jpg


こんな看板の通り ちょっと 高めの値段設定ですが・・・

DSC04187.jpg


実に丁寧に焼きあげています

開店してまだ 一ヶ月ほどで ま新しいお店です。 

DSC04191.jpg


テイクアウトのつもりが お店の中で いただけることになりました

DSC04196.jpg


ソースとかは かけずに お出しそのものの 味を楽しめる逸品です。

お値段以上に 美味しく楽しめる たこ焼き屋さんですね。

「たこりき」 さん これからも 繁盛して 空堀名物に なるといいです。

再び商店街に戻って 谷町の お寺あたりを 散策して 帰ることにします。

ほんとに 大阪の下町には 色々見るところが 多いいんです。






長屋再生~練~熊野街道から [大阪市中央区]

熊野街道を 道すがら 歩いていくと 昔ながらの長屋を利用した お店があるんです。

DSC04166.jpg


通りに面したところから路地を入ると そこには いろんなお店があるのです

DSC04167.jpg


カフェバーや雑貨屋さんや メガネ屋さんもあります

DSC04168.jpg


通りに面した趣も一風変わった所が有りますね

DSC04169.jpg


DSC04170.jpg


入り口はちょっと 昔ながらの木戸を通り抜けるような たたずまいです

DSC04171.jpg


蔵屋敷の趣がいい感じです

DSC04173.jpg


なかほどに 入ると 懐かしいい感じがするお店の数々・・・

DSC04174.jpg


入口の案内図です

DSC04175.jpg


着物ショップ?ですかね

DSC04176.jpg


急に たこ焼きが食べたくなってきたりして。。¥^^ 

次回は 空堀界隈で 美味しいたこ焼きやさんに 出会います。

松屋町筋から~あの小説家の碑があった~ [大阪市中央区]

昨日に引き続き 谷町6丁目から ぶらり 町歩きの レポートです。

DSC04116.jpg


とにかく 道端にあった 熊野街道の道標を頼りに あちらこちら歩いてみます。

DSC04130.jpg


今は閉店となった 喫茶店でしょうか。寂しい たたずまいがいい感じです。

DSC04132.jpg


ほんとに ここら辺は公園が多いですね。「南大江公園」

DSC04133.jpg


近くの中華料理屋さん 流行ってるんでしょうか 一度は行ってみたい気もしましたが 今回はパス。

DSC04134.jpg


ぶらりぶらりと 大通りに出てしましました。華やかなのぼりがたくさん 立っているところ。

DSC04139.jpg


松屋町筋に出ました。この季節は 節分と ひな祭りで 大賑わいかと思いましたが 平日なので 静かでした。それでも 初孫のための節句の人形選びに来ていらっしゃった 家族連れがチラホラ見えました。

DSC04138.jpg


松屋町から 少し筋を入ると またまた 坂道です。

DSC04140.jpg


少し行くと 熊野街道の碑が 有りました。こんなところに旧街道が通っていたんですね。

DSC04142.jpg


広い道は戦後のものなのでしょうか。急に先が見えなくなっています。

DSC04147.jpg


広い道から 急に狭くなっているところを歩いてみました。

DSC04148.jpg


何やら お祀りしてある社があったりして また隣には ハイカラなパスタ屋さんがアンバランスにあります

DSC04149.jpg


そこから 大通までの間に 急階段があり そこに有名な 小説家の文学碑が あったんです。

DSC04150.jpg


「直木三十五」文学碑 あの直木賞に冠たる方の碑がここにあります。

DSC04156.jpg


プレートに刻まれたものを読むと 直木三十五はこの地に生まれたそうです。

DSC04155.jpg


この方の 小説を読んだことはなくても 「直木賞」という文学賞があることは知っていました。

DSC04157.jpg


こんな町の片隅にある 鳥居や碑に魅せられつつ 次の 町歩きにいきます。

DSC04159.jpg


空堀界隈には 昔の町家や 長屋を 利用して ブティックや食べ物屋に改造しているお店が結構あるんです。

DSC04161.jpg


太平洋戦争の空襲もまぬがれた古い町並みを 訪ねて行くことにしましょう。。¥^^

熊野かいどう~空堀界隈~ [大阪市中央区]

谷町という地名があって 交差点ごとに町名がついています。

今回は谷町6丁目から 昔の町並み 長屋風景が残る 空堀界隈を散策してみることにします。

このあたりには 旧街道である 熊野街道も通っており 街道筋として昔から発展してきました。

DSC04260.jpg


とりあえず 谷町6丁目の 地下鉄の駅に降り立ちました。

この界隈は お寺が多いですが 公園もたくさんあります。

DSC04117.jpg


銅座(どうざ)は、江戸時代に銅の取引や、銅の鋳造(鋳銅)をした場所だそうです。

大坂の銅座
大坂での銅の鋳造は大坂銅吹屋において行われていたが、その取引管理のため、1701年(元禄14年)に銀座の加役として銅座が設けられたそうな。銅座役所は大坂高麗橋東一丁目両替町の大坂銀座に設けられたのである。

DSC04118.jpg



現在、大阪市立銅座幼稚園が大阪市中央区内久宝寺町にあり、この近隣に銅座公園があります。

DSC04120.jpg


このあたりは ほんとに坂道が多いんです。
DSC04122.jpg


石垣に固められた 四角を 曲がって 松屋町に向かっていきます。

DSC04123.jpg


谷町5丁目の交差点の写真です。

DSC04126.jpg


DSC04127.jpg


これから 先の太平洋戦争でも戦災を免れた 空堀辺りを ぶらりとしてきます。

ほんとにこのあたりは お寺が多いんですよね。

次回は 松屋町の人形屋さんの前を通り抜け 熊野街道沿いに 歩いてみます。

DSC04136.jpg


でっかい鯉のオブジェが ビルにへばりついてますね。。¥^^


タグ:空堀 大阪 谷町
前の10件 | -
-|2011年01月 |2011年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。